熊谷草(クマガイソウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

クマガイソウ090426f-l.jpg

熊谷草見つめ思いは野辺を駈け

熊谷草(クマガイソウ)はラン科アツモリソウ属の多年草である。
北海道(渡島半島)から九州にかけて分布する。
中国大陸の一部でも見られるという。
自生地は極めて少なく栽培も難しいので、絶滅が心配されている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は大きな扇形で、向かい合わせに2枚つく。
開花時期は4月から5月である。
葉の間から花茎を出し、茎先に1つの花を下向きにつける。
袋を下げたような花の大きさは10センチくらいあり、日本の野生ランの中では一番大きく、不思議な形をしている。
写真で上にある緑色のものが萼片である。
それから、見えにくいが下にも萼片があり、裏側に下がっている。
左右にあるのが側花弁という花弁である。
そして、袋のようになったものが唇弁という花弁である。
この唇弁の上に穴があって、中に雄しべ、雌しべが入っている。
和名は、武将の熊谷直実にちなんで名づけられた。
「熊谷草」と「敦盛草」の名は、平家物語の「敦盛の最期」の話にちなんでいる。
一の谷の合戦で敗れた平家を追って敦盛の首を泣く泣く討ち取ったのが熊谷直実である。
別名を母衣掛け草(ホロカケソウ)という。
母衣(ほろ)は風船のようにふくらませた布のことで、昔の武者は後ろからの矢を防ぐために身にまとっていた。
花の形をこれになぞらえたものである。
俳句の季語は春である。
属名の Cypripedium はギリシャ語の「Cypris(女神ビーナス)+pedilon(スリッパ)」からきている。唇弁が大きく前へ突出して袋状となっているのを婦人用のスリッパにたとえた。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Cypripedium japonicum

★母衣(ほろ)かけて野辺を走るは誰が夢
 不思議の花は春風に揺れ
☆野辺の花険しき山に溶け込んで
 今は昔と時を越えては

クマガイソウ090426d-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/04/14改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2010年1月 2日 17:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「敦盛草(アツモリソウ)」です。

次のブログ記事は「台湾熊谷草(タイワンクマガイソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7