李(スモモ)

スモモ080406a-l.jpg

陽光を浴びて李の花手毬

李(スモモ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
原産地は中国である。
中国では桃とともに春の代表的な花として古来から愛されてきた。
日本へは奈良時代には渡来しており、大伴家持の歌が万葉集にも残されている。
樹高は5から10メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って白い五弁花をつける。
時期的には、「梅」が終わって「桜」が咲き出す寸前のころである。
葉のつけ根に、花径15から20ミリくらいの花を2、3輪ずつ密生して咲かせる。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤紫色ないし黄色に熟する。
実の酸味が強いことから「酢桃」とも書く。
生で食べるほか、ジャム、果実酒、乾果などに加工する。
俳句では、「李」が夏の季語、「李の花」が春の季語である。
花言葉は「忠実」「困難に耐える」「誤解」である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の salicina は「ヤナギのような」という意味である。
花の写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
実の写真は6月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Prunus salicina

★春の陽にいといけなきはその姿
 李の花を君に見立てて
☆優しげな花びら揺らす李かな
 春風そよぐ君に抱かれ

スモモ080628b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/09/11改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年3月31日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紅葉李(ベニバスモモ)」です。

次のブログ記事は「白妙(シロタエ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0