染井吉野(ソメイヨシノ)

ソメイヨシノ080329b-l.jpg

咲き初むる染井吉野の肌淡く

染井吉野(ソメイヨシノ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの代表種であり、全国各地で、公園や街路、河川の堤防などに植えられている。
サトザクラは主に大島桜(オオシマザクラ)を母種とする園芸品種の総称である。
染井吉野(ソメイヨシノ)は、大島桜(オオシマザクラ)と江戸彼岸(エドヒガン)の自然交配によって生まれたと考えられている。
樹高は5メートルから15メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鋭い重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の柄に毛が生えている。
開花時期は4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花径2、3センチの中輪で、一重咲きである。
花びらの形は楕円形である。
花の色は淡い紅色を帯びるが、咲き進むと白くなる。
萼筒には毛が多く、花柄が長く伸びる。
一総につく花の数は3、4輪である。
結実性は少しある。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
江戸時代末期に江戸染井村(現在の東京都豊島区)の植木屋から「吉野桜」として売り出されたのが名の由来である。
その後、奈良の吉野山の山桜(ヤマザクラ)と紛らわしいために「染井吉野」と呼ばれるようになった。
俳句の季語は春である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の yedoensis は「江戸の」という意味である。
写真は3月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Prunus x yedoensis

★色白の肌は何だか切ないの
 桜と生まれ色に染まらず

ソメイヨシノ080329e-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/09/14改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月 2日 05:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レウココリネ・イクシオイデス」です。

次のブログ記事は「種漬花(タネツケバナ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0