二輪草(ニリンソウ)

ニリンソウ100522b-l.jpg

二輪草恋のブランコ揺ら揺らと

二輪草(ニリンソウ)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、林の中や林の縁に普通に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
根茎で繁殖するため、大群落をつくることがある。
草丈は15センチから30センチくらいである。
根際から生える葉には長い柄があり、3つに深く裂ける。
菱形をした両脇の裂片も2つに深く裂けて、更に細かく切れ込む。
茎につく葉は茎を抱いて3枚が輪生し、深い切れ込みがある。
開花時期は4月から6月である。
普通は2本の長い花の柄を伸ばし、先端に花径2センチくらいの白い花をつける。
ただし、花の柄は1本のときも3本のときもある。
花の色は淡い紅色を帯びるものもある。
花弁のように見えるのは萼片で、5枚から7枚くらいある。
花の真ん中にはたくさんの雄しべと10本くらいの雌しべがある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
中国名を鵝掌草(ガショウソウ)という。
「鵝」は「鵞」の異字体で、「掌」は手や足を意味する。
葉の形を鵞鳥(ガチョウ)の足形にたとえたものである。
葉は食用になるが、「鳥兜」とよく似ているので誤食の危険がある。
根茎を乾燥したものを生薬で地鳥(じう)といい、リウマチ薬とされる。
花言葉は「予断」である。
俳句の季語は春である。
属名の Anemone はギリシャ語の「anemos(風)」からきている。
種小名の flaccida は「ふにゃふにゃした」という意味である。
写真は5月に上高地で撮った。
学名:Anemone flaccida

★にこやかに見つめあい咲く二輪草
 真白き思い忘ることなく
☆寄り添いて微笑み交わす二輪草
 風に揺られる楽しみ知りて

ニリンソウ100522a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/02/22改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2010年4月 7日 06:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昭和桜(ショウワザクラ)」です。

次のブログ記事は「アメリカ八角蓮(アメリカハッカクレン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0