碇草(イカリソウ)

イカリソウ090405a-l.jpg

旅立ちはいつと決めるや碇草

碇草(イカリソウ)はメギ科イカリソウ属の多年草である。
漢字では「錨草」とも書く。
花の形が船の錨に似ていることからつけられた名前である。
日本固有種である。
北海道から九州にかけて分布し、山地や林の中に生える。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は2回3出複葉である。
3つに枝分かれした先にそれぞれ三つ葉をつけて1枚の葉となる。
小葉の形は心形である。
このような葉の形から三枝九葉草(サンシクヨウソウ)の別名がある。
開花時期は3月から5月である。
花の色は、紫色、白、黄色、ピンクなどがある。
花弁は4枚で、距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)を伸ばす。
萼片は8枚である。
外側の4枚は早くに落ち、内側の4枚が大きくなる。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
江戸時代に薬草として中国から渡来した。
生薬名を淫羊霍(いんようかく)と言い、強壮・強精の効果がある。
ただし、中国で淫羊霍(いんようかく)とされるのは穂咲錨草(ホザキノイカリソウ)という種類で、碇草(イカリソウ)はその代理薬草であった。
また、江戸時代には観賞用としても流行したという。
俳句の季語は春である。
花言葉は「あなたを離さない」である。
属名の Epimedium は地名に由来する言葉で、イカリソウに転用された。
種小名の grandiflorum は「大きい花の」という意味である。
変種名の thunbergianum は「ツンベルクさんに関係した」という意味。ツンベルクは日本の植物を研究したスウェーデンの植物学者である。
上の写真は4月に神代植物公園で撮った。
下の写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Epimedium grandiflorum var. thunbergianum

★春の野に出船入船碇草
 今この時に咲かせ花散る
☆春の日に溶け込むように碇草
 ゆらり揺れては風と戯れ

イカリソウ100403b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/10/11改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月13日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「芝桜(シバザクラ)」です。

次のブログ記事は「帆立(ホタテ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0