白根葵(シラネアオイ)

| トラックバック(0)

シラネアオイ100515a-l.jpg

白根葵角は立てずに丸く咲き

白根葵(シラネアオイ)はシラネアオイ科シラネアオイ属の多年草である。
分類法によってはキンポウゲ科とされる。
1属1種で日本固有種である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、高山の林の中などに生える。
日光の白根山で最初に発見され、立葵(タチアオイ)の花に似ているところからこの名前がついた。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は手のひら状で、互い違いに生える。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
下の葉が大きく、上の葉は小さい。
開花時期は4月から6月である。
茎先に丸みを帯びた菱形で薄紫色の花を1輪つける。
花は大きく、花径は5センチから10センチくらいある。
ただし、花びらのように見えるのは4枚の萼片で、花弁ではない。
花の後にできる実は2つの四角形の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
春芙蓉(ハルフヨウ)、山芙蓉(ヤマフヨウ)の別名がある。
花言葉は「完全な美」である。
俳句の季語は夏である。
属名の Glaucidium は「Glaucium(ツノゲシ属)」の縮小形である。花の姿が少し似ていることから名づけられた。
種小名の palmatum は「手のひら状の」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Glaucidium palmatum

★訪ね人待ちて静かに花開く
 白根葵は高貴に満ちて
☆朝霧の色を思わす花びらの
 高貴な姿ただ美しく

シラネアオイ100505b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/06/13改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/669

このブログ記事について

このページは、が2010年5月20日 18:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「衝羽根空木(ツクバネウツギ)」です。

次のブログ記事は「瀞苦菜(ドロニガナ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0