岩衝羽根空木(イワツクバネウツギ)

| トラックバック(0)

イワツクバネウツギ090503d-l.jpg

岩衝羽根空木(イワツクバネウツギ)はスイカズラ科イワツクバネウツギ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて点々と分布し、石灰岩地や蛇紋岩地の林の中や林の縁に生える。
近縁種が中国などに分布し、大陸とつながっていた時代の遺存種と考えられている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は2メートルから3メートルである。
幹に6本の溝があるのが特徴である。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には、粗いぎざぎざ(鋸歯)のあるものやないものがある。
葉脈に沿って粗い毛が生える。
開花時期は5月から6月である。
枝先に長さ1、2センチの白い筒状の花を1、2輪ずつつける。
花冠は筒状で、長さは16ミリから18ミリくらいである。
花冠の先は4つに裂けて平らに開く。
花の色は部分的に紅色を帯びる。
花冠の外側には毛が疎らに生え、内側には長い毛が生える。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
4枚の萼片は実の時期になっても残る。
属名の Zabelia はアベリアの名を最初に記述した「ザベル(H. Zabel)さん」の名からきている。Abeliaに発音が近いので選ばれた。
種小名の integrifolia は「全縁葉の」という意味である。
写真は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Zabelia integrifolia

★限られた土地に花咲き育んだ
 豊かな個性振りまくように

イワツクバネウツギ090503c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/07/15改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/803

このブログ記事について

このページは、が2010年6月11日 06:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苦参(クララ)」です。

次のブログ記事は「クリサンセマム・ムルチコーレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7