山苧環(ヤマオダマキ)

| トラックバック(0)

ヤマオダマキ060708a-l.jpg

薄闇に山苧環は頭(こうべ)垂れ

山苧環(ヤマオダマキ)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の草地や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、シベリアにも分布する。
深山苧環(ミヤマオダマキ)が高山性なのに対し、山苧環(ヤマオダマキ)は低山性である。
「苧環」というのは麻糸を巻いた管のことで、距を立てた花の形が似ていることからこの名がつけられた。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は2回3出複葉である。
3出複葉というのは、1つの葉が3枚の小葉で構成されている葉のことである。
それがもう1回枝分かれを繰り返したものが2回3出複葉である。
小葉は扇形で2つから3つ裂ける。
長さは2センチから4センチくらいである。
開花時期は6月から8月である。
茎から枝分かれした花柄の上部にいくつかの花をつける。
花は吊り下がるように咲く。
中に黄色く見える花びらが花弁で5枚ある。
後ろにある5本の距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)とつながっている。
距は直立し、やや曲がる。
外側にある5枚の紅紫色をした花びらは萼である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
距が内側に強く巻き込むものを大山苧環(オオヤマオダマキ)といい、黄花のものを黄花の山苧環(キバナノヤマオダマキ)という。
花言葉は「協調性」である。
俳句の季語は夏である。
属名の Aquilegia はラテン語の「aquila(鷲)」からきている。曲がった距がワシの距に似ていることから名づけられた。
種種小名と変種名の buergeriana は日本植物の採集家でドイツ人の「ブュルゲル(Heinrich Buerger, 1806-1858)さんの」という意味である。
写真は7月に山中湖村で撮った。
学名:Aquilegia buergeriana var. buergeriana

★高原の山苧環は渋い色
 シックに咲いて大和の姿
☆苧環の花を見つけて走り寄る
 ニンフの姿そこに在るやと

ヤマオダマキ060708b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/09/14改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/911

このブログ記事について

このページは、が2010年7月 1日 06:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄花の山苧環(キバナノヤマオダマキ)」です。

次のブログ記事は「子持ち万年草(コモチマンネングサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7