アガパンサス

| トラックバック(0)

アガパンサス080712b-l.jpg

アガパンサスはユリ科アガパンツス属の多年草である。
分類体系によってはヒガンバナ科とされる。
原産地は南アフリカである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
草丈は50センチから100センチくらいである。
根際から生える葉は長さ40センチほどの線形で、受け咲き君子蘭(ウケザキクンシラン)に似ている。
ここから紫君子蘭(ムラサキクンシラン)という和名がつけられている。
英名はアフリカンリリー(African lily)である。
開花時期は6月から7月である。
茎先に散形花序(茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序)を出し、淡い紫色をした漏斗状の花をたくさんつける。
花は外側から内側へと順に咲く。
花びら(花被片)は6枚で、百合(ユリ)に似ている。
花の色は白いものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「恋の訪れ」である。
属名の Agapanthus はギリシャ語の「agape(愛)+anthos(花)」からきている。
種小名の africanus は「アフリカの」という意味である。
写真は7月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Agapanthus africanus

★次々と薄紫に溢れ咲く
 アガパンサスは夢を奏でて
☆妖精の集いて踊るアガパンサス
 揺れて輪になり囁き合って

アガパンサス100709b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/09/02改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/969

このブログ記事について

このページは、が2010年7月12日 06:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「深山髪剃菜(ミヤマコウゾリナ)」です。

次のブログ記事は「白花岩鏡(シロバナイワカガミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7