猪の子槌(イノコズチ)

ヒカゲイノコヅチ060819b-l.jpg

ざらつきを指で確かむ猪の子槌

猪の子槌(イノコズチ)はヒユ科イノコズチ属の多年草である。
表記は「イノコヅチ」とするものもある。
漢字では「牛膝」とも書く。
日本固有種である。
本州から沖縄にかけて分布し、道端や林の中などに生える。
別名を日陰猪の子槌(ヒカゲイノコズチ)という。
これは近縁種の日向猪の子槌(ヒナタイノコズチ)と対比してつけられた名前であるが、両者の差異は微細である。
草丈は50センチから100センチくらいである。
茎は直立し、上部でもあまり枝分かれをしない。
日向猪の子槌(ヒナタイノコズチ)に比べて全体に毛が少ない。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は8月から9月である。
葉のつけ根に長さ10センチから20センチくらいの穂状の花序を出し、緑色の小さな花をやや疎らにつける。
花被片は5枚で先は尖る。
仮雄しべがあるが、あまり目立たない。
花の後にできる実は、長い楕円形の胞果(薄皮のような果皮の中に種子が1個入っているもの)である。
実には棘状の小苞があり、人間や動物にくっついて運ばれる。
和名の由来は、茎の節のふくらんだところを猪の膝頭に見立てたところからきているという。
花言葉は「命燃え尽きるまで」である。
俳句の季語は秋である。
属名の Achyranthes は「achyron(籾殻)+anthos(花)」に由来する。花の様子が籾殻のようであることを意味する。
種小名の bidentata は「二歯の」という意味である。衣服などにくっつくための2本の棘状の小苞を指す。
変種名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Achyranthes bidentata var. japonica

★秋の野にひっつき虫の猪の子槌
 ざらつく肌を指で確かめ
☆隠れんぼ出てきてみれば猪の子槌
 あちこちついて皆で笑って

ヒカゲイノコヅチ060819a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/11/03改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年8月29日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宮古島草(ミヤコジマソウ)」です。

次のブログ記事は「寒河江擬宝珠(サガエギボウシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7