男郎花〈オトコエシ)

オトコエシ080914b-l.jpg

男郎花対を願いて花開き

男郎花〈オトコエシ)はオミナエシ科オミナエシ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、日当たりの良い草地や林の中に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
和名の由来は、女郎花(オミナエシ)と対比させてつけられたもので、花の色が白く地味で茎や葉は女郎花(オミナエシ)より大きく、男性的な感じがするというところからきている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
下部につく葉は羽状に裂ける。
開花時期は8月から10月である。
茎の上部で枝分かれをして、散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小花をたくさんつける。
1つ1つの花は合弁花で、先が5つに裂けている。
雄しべは4本、花柱(雌しべ)は1本である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で、うちわ状の翼がある。
全草干したものを生薬で敗醤(はいしょう)といい、解毒剤とされる。
俳句の季語は秋である。
花言葉は「野性味」である。
属名の Patrinia はフランスの博物学者「パトラン(Eugene Louis Melchior Patrin, 1742-1815)さん」の名からきている。
種小名の villosa は「軟毛のある」という意味である。
写真は9月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Patrinia villosa

★男郎花対を願いて女郎花
 見(まみ)える夢を風に託して

オトコエシ080914c-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2014/01/30改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年9月11日 07:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白花山萩(シロバナヤマハギ)」です。

次のブログ記事は「南蛮煙管(ナンバンギセル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7