デコポン

| トラックバック(0)

デコポン081228a-l.jpg

デコポンはミカン科ミカン属(キトルス属)の常緑低木である。
キトルス属は分類法によるが160種くらいが東アジアからインドにかけて分布する。
また、多くの栽培品種が生まれている。
本種の品種名は不知火(シラヌイ)という。
デコポンは登録商標で、不知火のうち一定基準をクリアしたものだけにその名称が用いられる。
清見(キヨミ)という品種に椪柑(ポンカン)を交配して育成された栽培品種である。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月くらいである。
花の姿は他の柑橘類と区別しにくいが、白い5弁花である。
花の後にできる実は柑果(多心皮性の液果)である。
実の成熟期は3月くらいである。
へたの下にデコがあるのが特徴である。
糖度が高く食味にも優れるということで、甘夏蜜柑(アマナツミカン)や八朔(ハッサク)に代わって人気が出ている。
属名の Citrus はギリシャ語の「kitron(箱)」に由来するラテン語で、レモンに対する古い呼び名である。
学名の Citrus unshiu は温州蜜柑(ウンシュウミカン)、Citrus sinensis はオレンジ、Citrus reticulata は椪柑(ポンカン)を指している。
実の写真は11月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
花の写真は5月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:(Citrus unshiu x Citrus sinensis) x Citrus reticulata

★デコポンの名前はうまくつけたねと
 笑みを浮かべつ花の香をかぎ

デコポン080518c-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/26改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1699

このブログ記事について

このページは、が2010年12月22日 06:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「矢筈葛(ヤハズカズラ)」です。

次のブログ記事は「デンドロビウム・ビカウダツム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7