アメリカンブルー

| トラックバック(0)

アメリカンブルー071223a-l.jpg

アメリカンブルーはヒルガオ科アサガオガラクサ属(エボルブルス属)の多年草である。
エボルブルス属は南北アメリカや東南アジアなどに400種くらいが分布する。
日本にも沖縄に朝顔柄草(アサガオガラクサ)が分布し、属名の和名をアサガオガラクサ属という。
本種の原産地は北アメリカの中南部である。
アメリカンブルーは流通名である。
ハワイで花つきのよい選抜種が開発され、ブルーデイズ(Blue Daze)と名づけられた。
ところが、1980年代に日本に渡来したとき、業者に知識がなかったためにいろんな名がつけられたが、やがてアメリカンブルーに統一されていった。
学名のエボルブルスやエボルブルス・ピロススで表示するものもある。
草丈は10センチから25センチくらいである。
匍匐性があり、葉や茎には軟毛が生えている。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から10月である。
暖地では周年開花をする。
茎先に花径2センチくらいの青い花をつける。
花冠は杯状で、花の真ん中は白い。
雄しべは5本で白い。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「あふれる思い」である。
属名の Evolvulus はラテン語の「evolvere(よじれない)」からきており、地をはって伸びることを示している。
種小名の pilosus は「軟毛のある」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の琉宮城蝶々園で撮った。
学名:Evolvulus pilosus

★昼顔の流れを組みし君の青
 陽射しの中に涼風送り

アメリカンブルー071223b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/30改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1702

このブログ記事について

このページは、が2010年12月23日 07:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藪柑子(ヤブコウジ)」です。

次のブログ記事は「デンドロビウム・フィニステラエ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7