金魚草(キンギョソウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

キンギョソウ090320a-l.jpg金魚草(キンギョソウ)はゴマノハグサ科キンギョソウ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
原産地は地中海沿岸地方である。
プランターなどに適する矮性品種、花壇などに適する高性品種、吊り鉢に向く匍匐性品種などがある。
夏の暑さに弱いので、園芸上は一年草として扱う。
草丈は20センチから100センチくらいである。
葉は披針形で、下部では向かい合って生え(対生)、上部では互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から6月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、長さ3、4センチくらいの唇形をした花をたくさんつける。
花の色は赤、オレンジ、白、黄色、ピンクなど多様である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花の形が金魚に似ているというのが名の由来である。
属名の Antirrhinum はギリシャ語の「anti(似)+rhinos(鼻)」からきている。花冠の形から名づけられたものである。
種小名の majus は「巨大な」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Antirrhinum majus

★きらきらと陽射しを浴びて金魚草
 五月の空を見上げ花咲く
☆揺らゆらと揺れて漂う金魚草
 色とりどりのべべ着せかえて

キンギョソウ090320b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1779

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年4月 4日 09:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀葉アカシア(ギンヨウアカシア)」です。

次のブログ記事は「胡蝶(コチョウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0