愛鷹躑躅(アシタカツツジ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

アシタカツツジ080413b-l.jpg愛鷹躑躅(アシタカツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
静岡県だけに分布するフォッサマグナ要素の植物で、愛鷹山や天子岳に自生する。
純粋種は800メートルから1500メートルの高さに分布する。
低山になると山躑躅(ヤマツツジ)との交配種が多くなるそうである。
裾野市の「市の花」に指定されている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は2メートルから3メートルである。
葉は幅の広い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁に褐色の毛が生える。
開花時期は5月から6月である。
花径は3センチくらいで、花冠は5つに裂ける。
小振りだが、たくさんの花がつく。
花の色は紅紫色で、上部の裂片の内側には少し濃い色の斑が入る。
これは蜜標と呼ばれるもので、虫に蜜の在り処を知らせるためのものである。
雄しべは10本ある。
花糸(雄しべの花粉を入れる袋についている柄)の下半部に毛が生える。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名は最初の発見地にちなんで牧野富太郎博士が命名した。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。
種小名の komiyamae は採集者の「小官山富太郎さんの」という意味である。
紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron komiyamae

★この花を見たいがために自生地は
 人が群がる愛鷹躑躅

アシタカツツジ080413c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1820

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年4月16日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「御室有明(オムロアリアケ)」です。

次のブログ記事は「青梨(アオナシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0