藍色庭石菖(アイイロニワゼキショウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

アイイロニワゼキショウ070526a-l.jpg藍色庭石菖(アイイロニワゼキショウ)はアヤメ科ニワゼキショウ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本でも逸出したものが各地で野生化している。
別名を瑠璃庭石菖(ルリニワゼキショウ)ともいう。
いずれも花の色からつけられた名前である。
草丈は20センチから30センチくらいである。
近縁種の庭石菖(ニワゼキショウ)よりも背が高く、枝分かれをする花茎には翼がある。
根際から生える葉は平たい線形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5月から6月である。
花径は10ミリから15ミリくらいで、庭石菖(ニワゼキショウ)よりも小さい。
花の色は青紫色である。
花被片は6枚で、先が庭石菖(ニワゼキショウ)よりも尖る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
近縁種の庭石菖(ニワゼキショウ)の倍くらいある。
属名の Sisyrinchium は「セイヨウヒメアヤメ(Iris sisyrinchium)」の種小名が転用された。
種小名の graminoides は「イネ科植物(gramen)に似た」という意味である。
写真は5月に国立科学博物館附属目黒自然教育園で撮った。
学名:Sisyrinchium graminoides

★花姿よく似ているが背が高く
 花びらの先尖っているよ

アイイロニワゼキショウ070526b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1983

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年5月22日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フリージア」です。

次のブログ記事は「アルカネット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0