青膚(アオハダ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

アオハダ070603a-l.jpg青膚(アオハダ)はモチノキ科モチノキ属の落葉高木である。
北海道の南西部から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は8メートルから12メートルくらいである。
樹皮は灰白色で皮目(樹皮にあって気孔にかわり呼吸を行う組織)がある。
樹皮を剥がすとその内側が緑色をしており、和名の由来となっている。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉は枝先に集まってつく。
葉の表面は緑色、裏面は淡い緑色である。
両面に毛が生えている。
葉の縁には、低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
雌雄異株である。
枝先に花径4ミリくらいの緑白色の花をつける。
雄花はたくさんつき、雌花は数個つく。
花弁は4、5枚である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋に赤く熟する。
材は玩具、寄木細工、小細工などに用いられる。
東北地方ではこけしの材料とされる。
属名の Ilex はholly(セイヨウヒイラギ)の古代ラテン名からきている。
種小名の macropoda は「太い軸の」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Ilex macropoda

★枝々を降り積むように飾り立て
 青膚の花見事に咲いて

アオハダ070603c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2019

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年5月28日 09:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「支那勿忘草(シナワスレナグサ)」です。

次のブログ記事は「羅生門葛(ラショウモンカズラ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0