支那瓜の木(シナウリノキ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シナウリノキ090614a-l.jpg支那瓜の木(シナウリノキ)はウリノキ科ウリノキ属の落葉小高木である。
分類体系によってはミズキ科とされる。
原産地は中国である。
樹高は5メートルから8メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
若い木では、葉は2つか3つに浅く裂ける。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇に白い小さな6弁花を垂れ下げてつける。
花弁は細長く、外側に反り返る。
雄しべは12本、雌しべは1本である。
黄色い葯(雄しべの花粉を入れる袋)が目立つ。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Alangium はインドのマラバールでの現地語からきている。
種小名の chinense は「中国の」という意味である。
 写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Alangium chinense

★面白い反った姿に笑み漏れる
 初めて見たよ支那瓜の花

シナウリノキ090614c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2088

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年6月10日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カンパヌラ・ショイヒツェリ」です。

次のブログ記事は「郭公草石蚕(カッコウチョロギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0