ヒベルティア・スカンデンス

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒベルティア・スカンデンス090607a-l.jpgヒベルティア・スカンデンスはビワモドキ科ヒベルティア属の蔓性常緑低木である。
属名の読み方は「ヒバーティア」とするものもある。
原産地はオーストラリアである。
東部のクイーンズランド州からニューサウスウェールズ州にかけて分布する。
また、植栽されたり生垣とされる。
樹高は2メートルから5メートルくらいである。
葉は楕円形である。
開花時期は4月から7月くらいである。
温度さえあれば周年開花をする。
花径5センチから7センチくらいの大きな黄色い花をつける。
花弁は5枚である。
属名の Hibbertia はイギリス人の商人で後援者の「ヒバート(G. Hibbert)さん」の名からきている。
種小名の scandens は「よじ登る性質の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibbertia scandens

★大形の花を咲かせるヒベルティア
 どんな気候もものともせずに

ヒベルティア・スカンデンス090607b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2158

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年6月24日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒豆の木(クロマメノキ)」です。

次のブログ記事は「ヒベルティア・セルピリフォリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0