金銀木(キンギンボク)

| コメント(0) | トラックバック(0)

キンギンボク070430a-l.jpg金銀木(キンギンボク)はスイカズラ科スイカズラ属の落葉低木である。
北海道の南西部と本州の東北地方、それに本州の日本海側と四国に分布し、山野に生える。
また、庭木ともされる。
海外では、朝鮮半島にも分布している。
樹高は1メートルから2メートルくらいである。
枝の上部は垂れる傾向がある。
葉は楕円形ないし卵形で、長さは15ミリから50ミリくらいあり、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面には毛が密生している。
開花時期は4月から6月である。
枝の上部の葉の脇に2つずつ花をつける。
花冠は2センチくらいで、先が5つに裂ける。
花の色は、咲き始めの白からやがて淡い黄色に変わる。
和名の由来は、白と黄色の花が同時に見られるということからきている。
秋に赤く熟する実は2個がくつついて瓢箪のような形になる液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
そのため瓢箪木(ヒョウタンボク)の別名がある。
この実はおいしそうに見えるが有毒である。
属名の Lonicera はドイツの採集家「ロニツァー(A. Lonitzer)さん」の名からきている。
種小名の morrowii は採集家「モローさんの」という意味である。
花の写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
実の写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Lonicera morrowii

★金と銀二つの色の花つけて
 金銀木は目を楽しませ

キンギンボク070430b-l.jpg

キンギンボク090627a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2186

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年6月28日 09:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「斑入り額紫陽花(フイリガクアジサイ)」です。

次のブログ記事は「雌待宵草(メマツヨイグサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0