菅原びらんじ(スガワラビランジ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

スガワラビランジ110711a-l.jpg菅原びらんじ(スガワラビランジ)はナデシコ科マンテマ属の多年草である。
北海道の大雪山系と網走に分布し、高山の砂礫地に生える。
1973年に発見された。
海外では、サハリン、シベリア東部にも分布する。
環境省のレッドデータブック(2000)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されていた。
2007年版のレッドリストでは指定から外れている。
草丈は25センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
茎につく葉は向かい合って生える(対生)。
葉の縁には突起状の短い毛が生える。
開花時期は7月から8月である。
花は長さ1センチくらいの鐘形の萼筒の先に咲き、花径は2センチくらいである。
花弁は5枚で、先が2つに裂ける。
花の色は白く、紅紫色を帯びる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
別名を十勝びらんじ(トカチビランジ)とする文献もある。
属名の Silene はギリシャ神話の「シレネス(Silenes、バッカスの養父)」からきている。この属には粘液性の分泌液を出すものが多いので、これを酔って泡だらけになった様子にたとえた。
種小名の stenophylla は「幅の狭い葉の」という意味である。
写真は7月に旭山動物園で撮った。
学名:Silene stenophylla

 
★どのような訳で指定を外れたの
 資料だけでは読み取れないね

スガワラビランジ110711b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2267

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年7月15日 13:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郡内風露(グンナイフウロ)」です。

次のブログ記事は「西洋鬼薊(セイヨウオニアザミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0