蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

エゾカワラナデシコ110711d-l.jpg蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ)はナデシコ科ナデシコ属の多年草である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、低地から山地にかけての海岸沿いの草地などに生える。
海外では、ユーラシア大陸に広く分布する。
分類上は河原撫子(カワラナデシコ)の基本種とされている。
「撫子」の名の由来は、「撫(な)でるようにかわいい花」ということである。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は線形ないし披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉のつけ根は茎を抱く。
開花時期は6月から9月である。
花径5センチくらいの淡い紅色をした可憐な花を咲かせる。
花びら(花弁)は5枚で、先が細かく裂ける。
雄しべは10本、雌しべ(花柱)は2本である。
萼筒は長さが2、3センチで、つけ根の部分に苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)が2、3対あり、尾状に伸びる。
河原撫子(カワラナデシコ)のほうが萼筒が長く(3、4センチ)、苞の数も多い(3、4対)。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Dianthus はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+anthos(花)」からきている。「ジュピターの花」の意味で、花の美しさを称えて名づけられた。
種小名の superbus は「気高い」という意味である。
写真は7月に旭山動物園で撮った。
学名:Dianthus superbus

★北の地を望み静に花咲かす
 色は薄紅風走り抜け

エゾカワラナデシコ110711c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2282

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年7月18日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小笠原母丁字(オガサワラボチョウジ)」です。

次のブログ記事は「千島桔梗(チシマギキョウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0