リアトリス

| トラックバック(0)

リアトリス090719a-l.jpg

リアトリスはキク科リアトリス属の多年草である。
リアトリス属は北アメリカに50種くらいが分布する。
本種にリアトリスの和名があり、属名の和名はリアトリス属という。
本種の原産地も北アメリカである。
カナダからアメリカ合衆国にかけて東部の草原に生える。
英名はデンスブレージングスター(dense blazing star)という。
ブレージングスターには「燃える星」の意味があり、リアトリスの仲間を指している。
また、デンスには「密集した」の意味がある。
日本へは大正時代に観賞用として渡来した。
庭植え、鉢植えで利用されている。
和名は属名由来である。
別名を麒麟菊(キリンギク)という。
学名のリアトリス・スピカタで表示するものもある。
草丈は60センチから120センチくらいである。
茎はまっすぐに立つ。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から9月である。
長さが20センチから30センチもある長い花穂に紅紫色や白の小さな花(頭花)をつける。
小さな花(頭花)の花径は1センチに満たず、すべて筒状花からなる。
花は上から下へと咲いていく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
花言葉は「燃える思い」である。
7月9日の誕生花である。
属名の Liatris はギリシャ語の「leios(無毛)+iatros(医者)」からきている。
種小名の spicata は「穂状の」という意味である。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Liatris spicata

★切っ先を天に掲げてリアトリス
 日当たりが好き陽気な仲間
☆ほんのりと穂先染めればリアトリス
 夏の陽射しも恋するように

リアトリス090719b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/07/09 改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2286

このブログ記事について

このページは、が2011年7月18日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立麝香草(タチジャコウソウ)」です。

次のブログ記事は「雲井竜胆(クモイリンドウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7