フランクリン・ツリー

| コメント(0) | トラックバック(0)

フランクリンツリー070917a-l.jpgフランクリン・ツリー(Franklin tree)はツバキ科フランクリニア属の落葉低木である。
フランクリニア属は1属1種である。
原産地は北アメリカである。
1765年にジョージア州アラタマハ河畔で発見され、フランクリンにちなんで命名された。
独立戦争が始まる10年前のことである。
しかし、1803年には野生の株は絶滅しているという。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は最大で15センチくらいある長い楕円形で、枝先に集まって輪生状に互い違いに生える(互生)。
葉は濃い緑色で艶がある。
開花時期は7月から9月である。
花冠は白くて先が5つに裂けて横に開き、花径10センチくらいの「椿」に似た花をつける。
花の真ん中には黄色い雄しべがたくさんある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋にはきれいに紅葉する。
属名の Franklinia はアメリカのマルチタレント「フランクリン(Benjamin Franklin)」を記念して名づけられた。
種小名の alatamaha は「アラタマハ川」の意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Franklinia alatamaha

★アメリカが独立めざすその時代
 咲いていたかとしばし見とれて

フランクリンツリー070917c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2329

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年7月25日 14:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒビスクス・アーノッティアヌス」です。

次のブログ記事は「岩鏡(イワカガミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0