釣船草(ツリフネソウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ツリフネソウ070825a-l.jpg帆を掛けて何が獲物の釣船草

釣船草(ツリフネソウ)はツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草である。
日本各地に分布し、山地の水辺ややや湿った場所に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部にも分布する。
草丈は50センチから80センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月くらいである。
葉の脇から花柄を出し、紅紫色の花を数輪ずつつける。
花冠は長さが3、4センチの筒状で、先が唇形に裂ける。
また、距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)が後ろに突き出て渦巻き状になる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花柄から下垂する花の形を釣船に見立てたのが名の由来である。
俳句の季語は秋である。
属名の Impatiens はラテン語の「impa(否定)+tient(忍耐)」からきている。「我慢できない」という意味で、さく果にさわると急に弾けることから名づけられた。
種小名の textorii は採集家「テックストルの」という意味である。
写真は8月に山形市野草園で撮った。
学名:Impatiens textori

★のんびりと棹を垂らして釣船草
 派手な衣装で人目気にせず

ツリフネソウ070825b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2470

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月27日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミズーリ待宵草(ミズーリマツヨイグサ)」です。

次のブログ記事は「南部薊(ナンブアザミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0