蒲(ガマ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ガマ070825a-l.jpg

蒲の穂に笑顔こぼれる池の端

蒲(ガマ)はガマ科ガマ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、池や沼などに生える。
海外でも、温帯から熱帯にかけて広く分布する。
草丈は1メートルから2メートルである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は6月から8月くらいである。
丸っこいソーセージのような茶色の花穂が雌花で、雄花はその先につく。
肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)と呼ばれている。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
種子には毛があり、風に乗って散布される。
「因幡(いなば)の白兎」の話にあるように花粉には止血効果があり、生薬として用いられている。
生薬名は蒲黄(ほおう)という。
また、古くは蒲の雌花から成る果穂は蒲団綿(ふとんわた)として利用されていた。
「蒲団」に「蒲」の字が用いられるのはこのためである。
俳句では、「蒲の花」「蒲の穂」が夏の季語である。
属名の Typha はギリシャ語の「沼(tiphos)」からきている。
種小名の latifolia は「広葉の」という意味である。
写真は8月に山形市野草園で撮った。
学名:Typha latifolia

★どことなくお茶目な姿面白く
 自然の不思議じっと眺めて

ガマ070825b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2473

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月27日 14:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「磯松(イソマツ)」です。

次のブログ記事は「ヘプタコディウム・ジャスミノイデス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0