明月草(メイゲツソウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

メイゲツソウ080914b-l.jpg明月草(メイゲツソウ)タデ科イタドリ属の多年草である。
虎杖(イタドリ)の山地型である。
別名を紅虎杖(ベニイタドリ)という。
日本固有種である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、亜高山や高山の砂礫地や崩壊地に生える。
富士山では五合目以上の高さの高山荒原帯で多く見られる。
草丈は150センチから200センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は水平である。
開花時期は7月から9月である。
虎杖(イタドリ)の花は白いが、本種の場合は紅色を帯びる。
雌雄異株である。
紅色を帯びた小さな花を穂状にたくさんつける。
雄花は漏斗形で先が5つに裂け、花粉が見える。
雌花は先が5つに裂け、中に3本の花柱(雌しべ)が見える。
雌花の後には、3つの稜がある長いハート形のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)ができる。
和名の由来は、お月見のころに花をつけるところからきている。
属名の Reynoutria はフランスの自然科学者「レノートル(B. von Reynoutre)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の colorans は「着色する」という意味である。
写真は9月に向島百花園で撮った。
学名:Reynoutria japonica f. colorans

★ほんのりと紅をさし咲く明月草
 月の明かりを待つかのように

メイゲツソウ080914a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2624

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年9月22日 12:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山鳥兜(ヤマトリカブト)」です。

次のブログ記事は「青柳花(アオヤギバナ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0