吊花(ツリバナ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ツリバナ100617b-l.jpg吊花(ツリバナ)はニシシギ科ニシシギ属の落葉低木である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国などにも分布する。
和名の由来は、花や実が垂れ下がっているところからきている。
樹高は3メートルから5メートルくらいである。
枝は緑色をしているが、古くなると紫褐色になる。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面は緑色、裏面は淡い緑色をしている。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、先は長く鋭く尖っている。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から長い柄を出し、花径6、7ミリで淡い緑色ないし淡い紫色を帯びた花を開く。
花びらは5枚で、雄しべと雌しべは小さい。
実のなる時期は9月から11月である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
赤い殻が5つに割れると、中から朱赤色の実が釣り下がる。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の oxyphyllus は「鋭い形の葉のある」という意味である。
花の写真は6月に北大植物園で撮った。
実の写真は10月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Euonymus oxyphyllus

★目を凝らしやっと見つけた吊花の
 秋の変化を楽しみにして

ツリバナ071006a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2748

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年10月15日 08:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミルトニア・スペクタビリス」です。

次のブログ記事は「真弓(マユミ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0