権萃(ゴンズイ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゴンズイ060527a-l.jpg権萃(ゴンズイ)はミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉小高木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国などにも分布する。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
材は柔らかく、折れやすい。
樹皮は黒緑色で、不規則に縦に割れる。
葉は長さ10センチから30センチくらいの奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉は長さ4センチから9センチの狭い卵形で、縁に細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、先は鋭く尖る。
質はやや厚くて堅く、艶がある。
開花時期は5月から6月である。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、淡い黄緑色の小さな花をたくさんつける。
花弁は5枚、萼片も5枚である。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は半月状のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋に赤く熟して裂けると、光沢のある黒い種子が現れる。
和名の由来については、海水魚の権瑞(ゴンズイ)同様「役に立たない」という意味だという説や、「権現杖」の訛ったものだという説などがあるという。
属名の Euscaphis はギリシャ語の「eu(良)+scaphis(小舟)」からきている。さく果が赤く色づき美しいことから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
花の写真は5月に小石川植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Euscaphis japonica

★脆くてもいいとこあるさ権萃は
 面白い実は自然の不思議

ゴンズイ081102a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2755

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年10月16日 09:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「錦木(ニシキギ)」です。

次のブログ記事は「シクラメン・ミラビレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0