アリストロキア・エレガンス

アリストロキア・エレガンス090904b-l.jpgアリストロキア・エレガンスはウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の常緑低木である。
原産地はブラジルである。
和名をパイプ葛(パイプカズラ)という。
蔓性で、丈は3メートルから5メートルくらいに伸びる。
葉は心形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は春から夏とされるが、温室では周年開花をする。
葉の脇から出る花の長さは8センチくらいある。
花弁はなく、花びらのように見えるのは萼片である。
色は赤褐色である。
花冠の真ん中には緑色の袋がついている。
まるで食虫植物の雰囲気だが、昆虫を閉じ込め受粉をさせるのだそうである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ブラジルでは根茎を薬用とする。
属名の Aristolochia はギリシャ語の「aristos(最良)+lochia(出産)」からきている。曲がった花の形が胎内の胎児を連想させ、またつけ根の部分の膨らみが子宮を連想させるところから、出産を助ける力を持つと考えられた。
種小名の elegans は「優美な」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Aristolochia elegans

★大きさもほどよく見えるエレガンス
 奇妙だけれどどこか惹かれて

アリストロキア・エレガンス090904c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年11月 2日 08:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アデニウム・オベスム・ソコトラヌム」です。

次のブログ記事は「マミラリア・ブカレリエンシス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0