ウスリー檜葉(ウスリーヒバ)

ウスリーヒバ061112c-l.jpgウスリー檜葉(ウスリーヒバ)はヒノキ科ウスリーヒバ属(ミクロビオタ属)の常緑針葉低木である。
原産地はシベリア東部である。
ウスリーヒバ属は1属1種である。
樹高は50センチくらいである。
匍匐性があり、平らに広がって直径は3メートルに及ぶ。
枝は斜上する。
ヒノキ状の鱗葉は薄くてやや長く、先が垂れて柔らかな感じがする。
色は明るい緑色で、冬には褐色を帯びる。
属名の Microbiota はギリシャ語の「micros(小さい)+Biota(コノテガシワ属)」からきている。
種小名の decussata は「十字の」という意味である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Microbiota decussata

★北の地の寒さに堪えて生き抜いた
 ウスリー檜葉は陣地広げて

ウスリーヒバ061112a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年1月 4日 15:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インド菩提樹(インドボダイジュ)」です。

次のブログ記事は「おもろ寒葵(オモロカンアオイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0