数珠珊瑚(ジュズサンゴ)

ジュズサンゴ080209b-l.jpg数珠珊瑚(ジュズサンゴ)はヤマゴボウ科ジュズサンゴ属の常緑多年草である。
北アメリカ南部から熱帯アメリカにかけて分布している。
草丈は50センチから100センチくらいである。
枝は広がって育ち、茎のつけ根は木質化することがある。
葉は卵形ないし幅の広い披針形(笹の葉のような形)で、艶のある濃い緑色をしている。
花には花弁がなく、萼片が花弁のように見える。
花の色は白ないし淡い桃色である。
実の径は5ミリくらいで、真っ赤に熟す。
亜種には果実が黄色や紅紫色のものもある。
和名の由来は、珊瑚玉を数珠状に連ねたように見えることからきている。
英名はブラッドベリー(bloodberry)である。
属名の Rivina はマダガスカルでの現地語からきている。
種小名の humilis は「背が低い」という意味である。
写真は2月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Rivina humilis

★白い花小さく並ぶその側で
 数珠珊瑚は真っ赤に熟し

ジュズサンゴ080209d-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年1月11日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プリムラ・ポリアンタ」です。

次のブログ記事は「セイロン弁慶(セイロンベンケイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0