アダ・アウランティアカ

アダ・アウランティアカ081207a-l.jpgアダ・アウランティアカはラン科アダ属の多年草である。
コロンビア、エクアドル、ベネズエラの高地に生える着生種である。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は線形である。
開花時期は冬から春である。
花径2、3センチの濃いオレンジ色の花を下向きにつける。
属名の Ada は小アジアの古代国家カリアの女王「アダ(Ada)」の名からきている。
種小名の aurantiaca は「黄色を帯びた橙色の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Ada aurantiaca

★鮮やかなオレンジの色目に染みる
 恥ずかしそうに俯くけれど

アダ・アウランティアカ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年1月11日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セイロン弁慶(セイロンベンケイ)」です。

次のブログ記事は「ストロビランテス・ハミルトニアナ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0