パナマ草(パナマソウ)

パナマソウ091122b-l.jpgパナマ草(パナマソウ)はパナマソウ科パナマソウ属の多年草である。
原産地は中央アメリカから南アメリカの北西部にかけてである。
パナマ帽などの原材料としてコロンビアやエクアドルなどで栽培されている。
草丈は2メートルから4メートルである。
茎はあまり伸びず、根際からヤシのような葉が束生する。
葉の柄は2メートル以上ある。
葉は円形で、手のひら状に4つに裂け、裂片はさらに細かく裂ける。
花は肉穂花序(柄のない花が花茎に均等につき、主軸が肉厚に膨らんだもの)である。
実は液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、赤く熟する。
属名の Carludovica はスペインの「国王Carlos?」と「王妃Ludvia」を記念してつけられたものである。
種小名の palmata は「手のひら状の」という意味である。
写真は11月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Carludovica palmata

★草だけど椰子の木みたいな葉をつける
 ほかにはあまり見かけない草

パナマソウ091122a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年1月26日 06:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「孔雀サボテン(クジャクサボテン)」です。

次のブログ記事は「玉羊歯(タマシダ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0