蕪(カブ)

カブ080323a-l.jpg絵本など思い起こしつかぶら見る

蕪(カブ)はアブラナ科アブラナ属の越年草である。
読み方は「カブラ」ともいう。
また、異名の鈴菜(スズナ)は春の七草の一つでもある。
原産地はヨーロッパ大陸である。
起源については諸説がある。
日本へは古くに中国から渡来した。
「蕪」の語源は「頭」で、根の形をたとえたものである。
主として多肉質の根を食用とするが、野沢菜(ノザワナ)もカブの一種である。
草丈は20センチから60センチくらいである。
根際から生える葉はへら形である。
茎につく葉は茎を抱き、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月である。
花茎を伸ばして総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、「菜の花」に似た黄色い十字状の花をつける。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
俳句の季語は冬である。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の rapa は「カブラ」という意味である。
写真は3月に市川市万葉植物園で撮った。
花の写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Brassica rapa

★大根と同じ仲間と思いきや
 近い仲間は白菜なりき

カブ080406a-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年2月29日 06:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「尨毛アカシア(ムクゲアカシア)」です。

次のブログ記事は「桜玄海躑躅(サクラゲンカイツツジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0