奄美馬酔木(アマミアセビ)

アマミアセビ120313a-l.jpg奄美馬酔木(アマミアセビ)はツツジ科アセビ属の常緑低木である。
奄美大島の固有種である。
従来は琉球馬酔木(リュウキュウアセビ)と同一と考えられていた。
葉の形や花の大きさが異なることから2010年に新種として発表された。
環境省のレッドリスト(2007)では、琉球馬酔木(リュウキュウアセビ)として「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
もともと個体数が少ない上に園芸目的の採取によって自生地では絶滅寸前である。
樹高は2メートルから5メートルくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互生(互い違いに生える)。
葉の先は尖り、縁には先のほうに浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は2月から4月くらいである。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、壺形の白い小さな花をたくさんつける。
花冠の先は浅く5つに裂ける。
雄しべは10本である。
花の後にできる実は扁球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、上向きにつく。
属名の Pieris はギリシャ神話の詩の女神ミューズが住んでいたマケドニアの地名「ピエリス(Pieris)」 からきている。
種小名の amamiohsimensis は「奄美大島の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Pieris amamioshimensis

★新しい流れもここならつかめるね
 護る努力に拍手送りつ

アマミアセビ120313b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年3月15日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パフィオペディルム・アーバニアヌム」です。

次のブログ記事は「琉球馬酔木(リュウキュウアセビ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0