サラセニア・アラタ

サラセニア・アラタ080524a-l.jpg

サラセニア・アラタはサラセニア科サラセニア属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
合衆国のアラバマ州からテキサス州にかけて分布し、沼地や湿地に生える食虫植物である。
ミシシッピー川以西まで分布するのは本種だけである。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)に指定されている。
「瓶子体」という細長い捕虫葉を持つ。
草丈は1メートルくらいである。
瓶子体は細長い緑色をしたチューブ状で、細くて赤い縦筋が入る。
蓋の先に短い突起があり、縁はやや外へ巻いている。
開花時期は4月から5月である。
花の色は淡い黄色である。
属名の Sarracenia はカナダ人の医師「サラザン(M.S.Sarrazin)さん」の名からきている。
種小名の alata は「翼のある」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Sarracenia alata

★少しずつ数を減らしているらしい
 面白い花自然の中に

サラセニア・アラタ080524b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年5月30日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白花長葉の菫細辛(シロバナナガバノスミレサイシン)」です。

次のブログ記事は「日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0