青桐(アオギリ)

アオギリ080712c-l.jpg

あおぎりの花を見上げて立ち眩み

青桐(アオギリ)はアオギリ科アオギリ属の落葉高木である。
漢字では「悟桐」とも書き、これは漢名を充てたものである。
分類体系によってはアオイ科とされる。
日本では、奄美大島や沖縄に分布する。
海外では、台湾、中国、インドシナ半島などに分布する。
また、江戸時代の初期に中国から渡来し庭木や街路樹とされたものが、伊豆半島、紀伊半島、四国、九州などの沿海地域に野生化している。
樹高は15メートルから20メートルくらいである。
樹皮は緑色で、滑らかである。
葉は卵形で手のひら状に3つから5つに裂け、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
葉は縦横ともに15センチから25センチくらいある大形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は6月から7月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄白色をした小さな花をたくさんつける。
雌雄同株で、1つの花序に雄花と雌花が混じってつく。
5枚の花弁のように見えるのは萼片である。
萼片は細く、反り返る。
実の形は面白く、葉状の果皮の縁に種子がつく。
材は建具材、家具材、楽器材などとされる。
和名の由来は、葉が桐(キリ)に似て樹皮が緑色をしていることからきている。
俳句の季語は夏である。
属名の Firmiana はイタリアのロンバルディ州の長官だった「フィルミアン(J. von Firmian)さん」の名からきている。
種小名の simplex は「単生の」という意味である。
写真は7月に向島百花園で撮った。
実は10月に向島百花園で撮った。
学名:Firmiana simplex

★青桐の花は地味だが咲きおれば
 ふと目を留めるこれが出会いか

アオギリ080712d-l.jpg

アオギリ081026c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年7月15日 09:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カンナ・グラウカ」です。

次のブログ記事は「甘茶蔓(アマチャヅル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0