燕尾仙翁(エンビセンノウ)

エンビセンノウ090830a-l.jpg

燕尾仙翁(エンビセンノウ)はナデシコ科センノウ属の多年草である。
北海道の胆振地方、日高地方と本州の埼玉県、長野県に隔離分布し、山地の草原に稀に生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、ウスリー地方にも点々と分布している。
日本が大陸と地続きだった氷河期の遺存種である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は50センチから70センチくらいである。
葉は長い卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7月から8月である。
茎先に真紅の花を開く。
花弁は5枚で、深い切れ込みがある。
それぞれの花びらが縦に4つに裂け、中央の2つの裂片が長い。
まるで線香花火のように見える。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、花の様子を燕尾(ツバメの尾)にたとえたものである。
属名の Lychnis はギリシャ語の「lychnos(ランプ)」からきている。アリストテレスの弟子のテオフラストスが用いた。
種小名の wilfordii は東アジアの植物を採集したイギリス人の植物学者「ウィルフォード(C. Wilford)さんの」という意味である。
写真は8月の軽井沢町植物園で撮った。
学名:Lychnis wilfordii

★艶やかに花火飛び交う白日夢
 燕尾仙翁花を咲かせて

エンビセンノウ090830b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2012年8月 9日 11:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アメリカ芙蓉(アメリカフヨウ)」です。

次のブログ記事は「神威ビランジ(カムイビランジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0