油薄(アブラススキ)

アブラススキ070902c-l.jpg

油薄(アブラススキ)はイネ科アブラススキ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山野に普通に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、インドなどにも分布する。
草丈は90センチから120センチくらいである。
茎は円柱形で直立し、束になって生える。
葉は線形で、つけ根の部分には長い毛が生える。
茎の下部につく葉には長い柄があるのが特徴である。
開花時期は8月から10月くらいである。
茎先に長さ20センチから30センチの円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い赤褐色の小穂を弓状に垂れ下がらせる。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
和名の由来は、茎や穂から油臭い粘液を出し油に似た艶があることからきている。
属名の Eccoilopus はギリシャ語の「eccoilizo(腹をへこます)+pous(足)」からきている。
種小名の cotulifer は「あくのある」という意味である。
写真は9月に小石川植物園で撮った。
学名:Eccoilopus cotulifer

★弓形に穂を垂れ下げる独特の
 姿が目立つ油薄は

アブラススキ070902e-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年9月 1日 15:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アポイ鳥兜(アポイトリカブト)」です。

次のブログ記事は「八丈薄(ハチジョウススキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0