沖縄雀瓜(オキナワスズメウリ)

オキナワスズメウリ080927b-l.jpg

沖縄雀瓜(オキナワスズメウリ)はウリ科オキナワスズメウリ属の蔓性一年草である。
吐加羅列島から沖縄にかけて分布し、林の縁で木に絡みつく。
海外では、台湾、中国、マレーシア、インド、オーストラリアなどに分布する。
葉は心形で、長さと幅はともに10センチくらいである。
手のひら状に5つから7つに裂ける。
裂片は卵形ないし卵状披針形で、先は鋭く尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から9月である。
自生地では周年開花をする。
花は葉の脇につき、雌雄同株である。
花径は1センチくらいで、色は淡い黄緑色である。
実は球形の液果(水分を多く含み中に種が1つある)で、径は2センチくらいである。
赤や緑、茶色に白い縦縞模様が入る。
若芽は食用にする。
根や果実は有毒である。
属名の Diplocyclos はギリシャ語の「diploos(二重の)+cyclos(輪)」からきている。果実の模様から名づけられた。
種小名の palmatus は「手のひら状の」という意味である。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
花の写真は7月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Diplocyclos palmatus

★三色のベースの色にストライブ
 お洒落な模様とても似合って

オキナワスズメウリ080927c-l.jpg

オキナワスズメウリ060723b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年9月16日 08:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉈豆(ナタマメ)」です。

次のブログ記事は「玩具南瓜(オモチャカボチャ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0