細葉岩根草(ホソバイワガネソウ)

ホソバイワガネソウ090524a-l.jpg

細葉岩根草(ホソバイワガネソウ)はホウライシダ科イワガネゼンマイ属の常緑多年草である。
奄美大島の固有種である。
岩の多い林の中に生えるシダ植物である。
和名の由来は、岩の根元に生えて葉が細いということからきている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
葉の長さは40センチから60センチくらいである。
岩根草(イワガネソウ)と比べて、葉の裂片の幅が15ミリくらいと細い。
葉脈が隣の葉脈とつながって網目状になるのが特徴である。
属名の Coniogramme はギリシャ語の「conia(線紋)+gramme(粉末)」からきている。線状の嚢堆が一見粉状であることから名づけられた。
種小名の gracilis は「細長い」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Coniogramme gracilis

★少しだけ葉っぱが細い岩根草
 ぼくの故郷奄美大島

ホソバイワガネソウ090524b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年11月11日 09:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広葉ていしょう草(ヒロハテイショウソウ)」です。

次のブログ記事は「玄圃梨(ケンポナシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0