赤木(アカギ)

アカギ071222a-l.jpg

赤木(アカギ)はトウダイグサ科アカギ属の常緑高木である。
分類体系によってはコミカンソウ科とされる。
日本では沖縄に自生する。
海外では、中国、東南アジア、南アジア、ポリネシア、オーストラリアなどに分布する。
樹高は30メートルから50メートルくらいである。
樹皮は赤褐色である。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
葉にも小葉にも柄がある。
小葉は卵形で、先が尾状に尖る。
葉の質はやや分厚く、表面には艶がある。
開花時期は2月から3月である。
雌雄異株である。
上部の葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄緑色をした小さな花弁のない花をつける。
結実期は11月から12月で、実は褐色に熟する。
材は白くて木目が美しく、家具材、建築材、器具材とされる。
樹皮は染料となる。
和名の由来は、樹皮が赤味を帯びることからきている。
属名の Bischofia はドイツ人の植物学者「ビショフ(G. W. Bischoff, 1797-1854)さん」の名からきている。
種小名の javanica は「ジャワ島の」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
3枚目、4枚目は11月に那覇市の首里城公園で撮った。
学名:Bischofia javanica

★寄生する赤榕に幹を締められつ
 命永らう赤木の姿

アカギ071222b-l.jpg

アカギ0611123a-l.jpg

アカギ0611123c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2013年1月25日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コルムネア」です。

次のブログ記事は「赤榕(アコウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0