ファケリア・カンパヌラリア

ファケリア・カンパヌラリア120509a-l.jpg

ファケリア・カンパヌラリアはハゼリソウ科ハゼリソウ属の一年草である。
分類体系によってはムラサキ科とされる。
属名の読み方は「ファセリア」とするものもある。
葉芹草(ハゼリソウ:Phacelia tanacetifolia)の近縁種である。
ハゼリソウ属は南北アメリカに100種くらいが分布する。
本種の原産地は北アメリカのカリフォルニア州やアリゾナ州で、砂礫地に生える。
英名はカリフォルニア・ブルーベル(California bluebell)である。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は卵円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、不規則に深く切れ込む。
葉には長い柄がある。
開花時期は4月から6月である。
茎先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、花径3センチくらいの濃い青色の花をつける。
花冠は鐘状で、先は5つに裂ける。
雄しべは5本で、白い葯(雄しべの花粉を入れる袋)が目立つ。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Phacelia はギリシャ語の「phakelos(束)」からきている。茎先に多くの花をつけることから名づけられた。
種小名の campanularia は「鐘形の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Phacelia campanularia

★アリゾナの砂漠に生えるブルーベル
 雄しべが目立ち風鈴のよう

ファケリア・カンパヌラリア120509b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年5月15日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラヌンクルス・グラミネウス」です。

次のブログ記事は「ネマタンツス・グレガリウス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7