青葛藤(アオツヅラフジ)

アオツヅラフジ090614a-l.jpg

青葛藤(アオツヅラフジ)はツヅラフジ科アオツヅラフジ属の蔓性落葉木本である。
北海道の南西部から沖縄にかけて分布し、他のものに絡みついて伸びる。
海外では、朝鮮半島、中国、フィリピン、インド、太平洋諸島などにも分布する。
別名を神衣比(カミエビ)という。
蔓の長さは10メートルに達する。
葉は卵形で柄があり、互い違いに生える(互生)。
細い毛が生えており、多くは3つに浅く裂ける。
開花時期は7月から9月である。
雌雄異株である。
葉の脇から円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、黄白色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒くなる。
見かけは葡萄(ブドウ)に似ている。
ただし、アルカロイドを含み有毒である。
根茎を乾燥したものを生薬で木防己(もくぼうい)といい、消炎、利尿、鎮痛などの薬効がある。
和名の由来は、蔓性で茎が青々としているというところからきている。
この場合の「青」とは緑のことである。
属名の Cocculus はギリシャ語の「coccus(液果)」の縮小形である。小さな液果をつけるということから名づけられた。
種小名の trilobus は「3片の」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Cocculus trilobus

★粉を吹き葡萄のような実をつけて
 美味しそうだが青葛藤

アオツヅラフジ090614b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年8月20日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アベリア・フォレスティー」です。

次のブログ記事は「南京綿(ナンキンワタ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7