紅頭秋海棠(コウトウシュウカイドウ)

コウトウシュウカイドウ080831c-l.jpg

紅頭秋海棠(コウトウシュウカイドウ)はシュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草である。
八重山諸島に分布し、山地の渓流沿いややや湿った林の中などに生える。
海外では、台湾、フィリピンにも分布する。
「紅頭」は台湾にある発見地の旧島名である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は40センチから80センチくらいである。
根茎が這って広がる。
葉は腎形で長い柄があり、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月から10月くらいである。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い花をつける。
花びら(花被片)は4枚で、外側の大きな2枚が萼片、内側の小さな2枚が花弁である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でサントドミンゴ島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。
種小名の fenicis は地名由来のようだがはっきりしない。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Begonia fenicis

★温室の回廊下にほの見える
 小さな花にピント合わせて

コウトウシュウカイドウ080831d-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2013年10月 1日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恒春馬の鈴草(コウシュンウマノスズクサ)」です。

次のブログ記事は「花小蜜柑木(ハナコミカンボク)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7