エアーポテト

エアーポテト090922a-l.jpg

エアーポテト(air potato)はヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性多年草である。
原産地はアフリカ、アジアである。
日本にも分布する苦何首烏(ニガカシュウ)と学名上は同一である。
直径10センチもある巨大なムカゴが空中にぶら下がるのが特徴である。
その形態から宇宙芋(ウチュウイモ)という流通名もつけられている。
ムカゴは食用になる。
蔓は長さが20メートルにもなり、エアーカーテンとしても利用されている。
葉は円心形である。
地植えにし、支柱にからませて栽培する。
開花時期は8月から9月である。
雌雄異株で、花は目立たない。
ムカゴの収穫時期は10月から11月である。
属名の Dioscorea はギリシャの医師で植物学者だった「ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides, 40-90AD)」の名からきている。
種小名の bulbifera は「鱗茎のある」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Dioscorea bulbifera

★ぷっくりと膨らんだ芋ぶら下げて
 エアーポテトは目を奪うよう

エアーポテト090922b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年10月 5日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ティンネア・バルバタ」です。

次のブログ記事は「珊瑚樹(サンゴジュ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7