灰汁柴(アクシバ)

アクシバ131008a-l.jpg

灰汁柴(アクシバ)はツツジ科スノキ属の落葉小低木である。
北海道から九州にかけて分布し、丘陵地や山地の林の中や林の縁に生える。
海外では、サハリンや済州島にも分布する。
樹高は50センチから100センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は紙質である。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇から花柄を伸ばし、淡い紅紫色をした花を下向きにつける。
筒状の花冠は先で4つに深く裂けて反り返る。
雄しべは8本で花冠の外に突き出る。
花の後にできる実は直径5?7ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
9月から10月に赤く熟する。
食用になり、甘酸っぱい味がする。
和名の由来については、燃やした灰で灰汁を作ったからなどの説がある。
属名の Vaccinium はラテン語の「vaccinus(牝牛の)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Vaccinium japonicum

★日本には妙な名前の木が多い
 暮らしと深くつながるゆえに

アクシバ131008b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年11月12日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鬼蔓梅擬き(オニツルウメモドキ)」です。

次のブログ記事は「牛尾菜(シオデ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7