犬槇(イヌマキ)

イヌマキ070430b-l.jpg

犬槇(イヌマキ)はマキ科マキ属の常緑高木である。
本州の関東地方南部から沖縄にかけて分布し、太平洋側の海岸近くに生える針葉樹である。
海外では、台湾や中国にも分布する。
「槇(まき)」の名で庭木や生け垣に利用されるのも本種のことである。
杉(スギ)は古名を「真木(まき)」といい、それに比べると役に立たないというのが和名の由来である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
別名を草槇(クサマキ)という。
樹高は15メートルから20メートルくらいである。
樹皮は灰白色で、縦に浅く裂ける。
葉は幅の広い線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の表面は濃い緑色、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5月から6月である。
雌雄異株である。
雄花は黄白色で、長さ3センチくらいの紐状である。
雌花は緑色で、長さ1センチくらいである。
種は直径1センチくらいの球形で白い粉をふいており、濃い紅色から紫色にかわる。
その下に肉質の果床がある。
果床は10月から12月に熟して赤くなり、食用になる。
花言葉は「慈愛」である。
属名の Podocarpus はギリシャ語の「podos(足)+ carpos(果実)」からきている。種子のつけ根の部分が肥大することから名づけられた。

種小名の macrophyllus は「大きな葉の」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Podocarpus macrophyllus

★犬槇の由来を知れば面白く
 木肌に触れて葉っぱに触れて

イヌマキ070430c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年11月14日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牛尾菜(シオデ)」です。

次のブログ記事は「伊吹(イブキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7